大阪府の過払い金請求の口コミ評判が良い弁護士・司法書士8社を紹介

大阪の過払い金請求の口コミ評判が良い弁護士・司法書士8社を紹介
当ページのリンクには広告が含まれています。

大阪府には数多くの弁護士司法書士事務所があり、中でも過払い金請求に強い事務所は東京や大阪の主要都市に事務所を置いているところは多いです。

特に大阪府をはじめとする関東で過払い金請求の評判が良い事務所として、杉山事務所、みどり法務事務所、アディーレ法律事務所、はたの法務事務所、ひばり法律事務所などが挙げらます。

過払い金請求は事務所に行かなくても、WEBや電話面談で依頼と取り戻した過払い金の入金対応ができるので、家にいながら事務所を選ぶこともできます。

そもそも過払い金があるかどうかまだ分からない人は、事務所を選ぶ前に過払い金無料チェッカーを利用して過払い金があるかどうかを調べるようにした方が良いでしょう。

過払い金診断
目次

大阪府の過払い金請求の相談はどこがいい?

  • 各自治体の無料法律相談会(限定的)
  • 消費者ホットライン(消費生活センター)
  • 法テラス
  • 弁護士か司法書士事務所

各自治体の無料法律相談会

市区町村の役場の生活科では借金や生活苦に悩む人向けの相談窓口が設置されていることがあります。過払い金も借金の相談に含まれるので、過払い金請求はどうおこなうのか、誰に相談するのかといった助言を聞くことができます。

生活科ではアドバイザーだけで運営していることが多く、実際の過払い金があるか調べる作業や請求手続きは提携する弁護士・司法書士事務所になります。

しかし、提携する事務所は地域密着型の事務所であることが多いため、過払い金請求の実績で見ると全国規模で展開する事務所よりも取り戻せる金額や期間に大きな違いが生じるリスクはあります。

また、各自治体の無料法律相談会は期間限定であったり、受付時間が短い場合があります。

消費者ホットライン(消費生活センター)

過払い金についての相談は消費者センターの運営する消費者ホットライン(188)に相談することができます。

しかし、消費者ホットラインでは相談窓口になるため、過払い金があるかの正確な計算や交渉をして過払い金を取り戻すまでの代行作業はおこなっていません。

消費者ホットラインでは自分で交渉する助言や専門家の紹介までの対応になるため、一刻も早く過払い金を取り戻したい人や問い合わせの手間を除きたい人は、はじめから弁護士や司法書士事務所の無料相談を受けた方が良いです。

法テラス

法テラスはあらゆる法律に関する仲介をおこなう国が設立した相談所のようなものです。法テラスでは所得の少ない人が法手続きをできるように一時的な費用負担などをおこなっています。

しかし、過払い金請求に関しては戻ってくる過払い金の中から依頼費用が支払われるため、費用が高くてマイナスになったりすることはありません。つまり、法テラスに相談するメリットはほぼなく、むしろランダムに事務所を紹介されるだけになるので注意が必要です。

法テラスは法テラスで紹介する事務所しか利用できないため、「過払い金請求に強い」「費用が安い」といった自分が希望する条件の事務所を選ぶことができません。

弁護士か司法書士事務所

弁護士の数は約4万2000人、司法書士は約2万2000人いると言われています。しかし、全員が過払い金請求ができるわけではなく、過払い金請求に強い事務所はせいぜい5社〜15社程度とかなり少ないのが現実です。

過払い金請求はどこも同じと思っていると相談料でお金を取られたり、戻ってくる過払い金が強い事務所と比べて半分になってしまったり、戻ってくるまでに1年以上かかる、過払い金請求に失敗して放置されるといったことが起きます。

さらに悪徳な事務所は過払い金を持ち逃げして行方をくらますケースもあるので実績と信頼性で選ぶことは非常に重要です。

大阪府に住んでいる方が過払い金請求をするなら、全国に対応する実力のある弁護士・司法書士事務所や地域に寄り添った実力のある事務所を選ぶべきです。

大阪府で過払い金請求の相談が無料な弁護士・司法書士8選

杉山事務所

杉山事務所の詳細

月間1億円以上の過払い金を取り戻す実績

杉山事務所は過払い金や債務整理といった借金に関する相談を毎月10000件対応しています。また、過払い金返還の月間の総額は1億円以上を回収している実績もあります。さらに過去にはビジネスメディアである週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士事務所に選出されたことがあります。

過払い金を早く・多く取り戻したいという人は司法書士法人杉山事務所に相談をしてみると良いかもしれません。

対応地域全国対応
相談料無料
成功報酬回収金から27.5%〜
口コミ評判杉谷山事務所の評判解説
営業時間9:00〜19:00
(土日祝対応)

みどり法律事務

司法書士法人みどり法務事務所

累計155億以上の過払い金を回収した実績

司法書士法人みどり法務事務所の返還実績は累計155億円以上と非常に優れた実績を持っている事務所です。月間500件以上の相談に対応し、依頼した人のうち60%に100万円以上の過払い金を取り戻しているデータを公表しています。

過払い金の取り戻し金額をしっかり掲載している事務所は、杉山事務所とみどり法務事務所くらいしかありません。よほどの自信と実績がないと開示できないので安心してみどり法務事務所の無料相談を活用して良いと言えます。

また、出張対応もしているので家にいながら相談・依頼ができる強みがあります。

対応地域全国対応
相談料無料
成功報酬お問合せください
口コミ評判みどり法務事務所の評判解説
営業時間9:00〜19:00
(土日祝対応)

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所は弁護士が対応するので1社あたり140万円の過払い金が出ていても問題なく手続きをすることができます。ベリーベスト法律事務所は組織が大きく、1年に10億円もの過払金を取り戻す実績を誇っています。

過払い金請求大阪府おすすめランキングの中で、登場する司法書士よりも費用は高く、1社あたりに4万4000円の事務手数料がかかります。

仮に40万円の過払い金を取り戻す場合は、10%が事務手数料として取られることになるので、過払い金請求のコスパは良くありません。しかし、140万円以上の過払い金請求をする時は弁護士でないと手続きができないので依頼する価値があります。

評判の良い口コミ

担当していただいた弁護士さんはとても冷静な方で、問題解決までの間、ちょっとした疑問点や不安などをメールで相談してもすぐに返信していただけました。
問題解決までの間はとても不安でしたが、やはり弁護士さんに依頼すると心に余裕が出たのがよく分かりました。示談交渉も上手く成立させていただき、本当に感謝しております。

Google口コミ
対応地域全国対応
相談料無料
成功報酬回収金から22%〜
(裁判あり)回収金から27.5%〜
事務手数料(1社)4万4,000円(税込)
営業時間平日9:30〜21:00
土日祝9:30〜18:00

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

過払い金だけでなく、借金全ての累計の相談件数が10年間で23万件という実力を伸ばしている法務事務所です。10年間の実績を1カ月あたりの相談件数にすると1,916件になります。これは司法書士杉山事務所に次いで多い対応実績になります。

ただし、過払い金請求で取り戻した金額までは開示していないので、どこまで過払い金に強いかは上位2つの事務所と比べて判断することができません。

アヴァンス法務事務所では女性専用相談窓口を設置しています。過払い金や借金に関する相談を男性相談員や司法書士・弁護士に相談したくない人は女性の相談員が対応してくれる女性専用相談窓口の活用をおすすめします。

対応地域全国対応
相談料無料
成功報酬回収金から22%〜
口コミ評判アヴァンス法務事務所の評判解説
営業時間平日9:30〜21:00
土日祝10:00〜18:00

はたの法務事務所

はたの法務事務所

27年間で累計20万件の相談実績

過払い金だけでなく、借金全ての累計の相談件数が27年間で20万件という実績を持つ法務事務所です。27年間を1カ月あたりの相談件数にすると617件になります。

それなりの実績ですが、上位2つの事務所と比較すると過払い金請求の具体的な返還金額の実績は分かりません。事務所が東京にあるので、大阪府から東京都心にちかい人は、はたの法務事務所に訪ねてみるのも良いかもしれません。

対応地域全国対応
相談料無料
成功報酬回収金から22%〜
10万円以下の場合は14%+別途11,000円
営業時間平日8:30〜21:30
土日祝8:30〜21:00

弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人ひばり法律事務所

25年の老舗弁護士事務所

弁護士法人ひばり法律事務所は上位の事務所と違って対応相談件数や実績は少ないものの25年続く実績を持つ弁護士事務所です。所属弁護士は3名と少数精鋭ですが、2000件以上の借金を解決してきたので実力は確かです。

ひばり法律事務所は司法書士ではないため、140万円以上の過払い金が発生していた場合も、問題なく過払い金請求をして取り戻すことができます。(司法書士は1社あたり140万円までしか代理で過払い金請求ができない決まりがあります。)

対応地域全国対応
相談料無料
成功報酬回収金から22%〜
営業時間平日10:00〜19:00
土日祝も予約で対応

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は法律を表す「law(ロー)」と人を助ける「助(タス)」を掛け合わせたことが由来の事務所です。由来の通り、借金問題を専門に扱う事務所で対応実績は6000件以上です。

弁護士が3人在籍しているため、もし1社あたり140万円以上の過払い金が発生している場合でも問題なく依頼することができます。土日や夜間の電話受付をしているため忙しい人や日中家族や職場に相談していることをバレたくない人も気軽に相談することができます。

対応地域全国対応
相談料無料
着手金無料
成功報酬回収額の22%
営業時間平日10:00〜20:00
土日祝10:00〜19:00

アディーレ法律事務所

アディーレ法律事務所は過払い金請求が盛んになっていた2010年ごろから本格的に過払金請求に取り組んでいる法律事務所です。数多くのメディアにも出演し事務所も全国に展開する大手事務所です。

かつては広告表記の問題で営業停止の処分を受けてしまったこともありますが、実力はトップクラスです。ただし、過払い金請求をするには基本料金が6万6000円かかり、成功報酬からも22%以上取られてしまうため手元にほとんどお金が残らないというケースもあります。

アディーレ法律事務所は弁護士が対応するので1社あたりの過払い金が140万円以上だった時に依頼するメリットがあります。

対応地域全国対応
相談料無料
基本料金66,000円(税込)
成功報酬回収金から22%〜
訴訟時は27.5%〜
営業時間平日土日祝10:00〜21:00

大阪府に所属する弁護士・司法書士を紹介

大阪府の司法書士会の所属社一覧

大阪府には簡裁代理認定を受けた司法書士の個人事務所が豊富にあります。
以下の司法書士事務所は大阪府に所属する司法書士事務所です。全てが債務整理(過払金請求)を扱っているわけではありません。中には登記関連しか行ってない事務所もいるので、先紹介した事務所から選ぶことをおすすめします。

大阪府の弁護士会所属の事務所一覧

各弁護士事務所では相談料(5000円〜)が発生する可能性があるのでいきなりの訪問はせず、ホームページを探してから判断する必要があります。また、以下の事務所は順不同であり、サービスの質を担保するのではありません。過払い金請求については先述して紹介した事務所から選ぶことをおすすめします。

過払い金診断

過払い金相談に強い弁護士・司法書士事務所の選び方

過払金請求に特化している事務所を選ぶ

過払い金請求は借金(債務)問題に分類されます。全ての弁護士や司法書士が借金(債務)問題に強いとは限りません。弁護士や司法書士の取扱業務は多岐にわたり、借金問題以外に不動産登記や事故関連といったものがあります。

国から認定を受けている以上代理として借金(債務)問題に対応できるかもしれませんが、得意不得意があるためどこでも良い訳ではありません。

過払い金を多く取り戻したい、早く手元に現金が欲しいという人は過払い金請求を専門に行っている弁護士・司法書士を選ぶべきです。

大阪府でも面談できる事務所を選ぶ

過払い金請求は電話やWEBでの面談を行なって請求手続きを行なってもらうこともできます。そのため、県内に過払い金請求に強い事務所がなかったとしても全国対応ならリモートで依頼ができます。

しかし、お金に関することだから弁護士や司法書士の先生と直接会って話を聞きたい、信用するために事務所に行きたいという人は拠点が置かれている事務所を選ぶのも選び方の一つです。

さすがに47都道府県に拠点を設置している過払い金に強い事務所はありませんが、過払い金請求の実績がある事務所の中から自分の住んでいる地域に近い事務所を選ぶのは悪いことではありません。

過払金請求の実績や口コミが豊富

過払い金請求を取扱業務にしている弁護士や司法書士は顧客獲得のために様々な広告を展開したり、事務所として扱える業務が多いことをアピールするために経験は少ないけどホームページに書いてあるというパターンがあります。

しかし、過払い金請求ができても得意不得意は事務所によってあるため、ハズレ事務所を引いてしまうと戻ってくる過払い金が少なかったり、成果報酬を高く取られたり、過払い金が戻ってくるまでに時間がかかるといったことにつながりかねません。

過払い金請求に強い事務所は取り戻した金額や相談件数の実績を数字で公開しています。しかし、実績の少ない事務所は数字を出すことができないので実績が不透明であることがほとんどです。

請求するデメリットやリスクの説明がある

過払い金請求にはブラックリストに載るというリスクや請求先のサービスが解約になるといったデメリットがあります。

借金を完済している人や再びキャッシングをしない人にとってはリスクとデメリットはありませんが、借金を返済中の人はブラックリストに載ることで生活に支障が出る恐れがあります。

自分の生活状況に合わせて過払い金請求をすることでリスクやデメリットがあるかは相談に乗っている弁護士や司法書士の視点からでないと判断ができません。

自分が過払金請求をするべきか、しても大丈夫か、する場合はどのようなデメリットやリスクがあるのかをきちんと説明してもらえる事務所を選ぶべきです。

きちんと説明する事務所は信頼性が高いため、過払い金請求を依頼した後にトラブルになる心配がありません。

気をつけろ!過払い金に関する悪徳事務所の特徴

依頼しても過払金請求の話が進まない

悪徳とされる事務所の中には「依頼しても過払い金請求の話が進まない」ということがあります。

依頼者から相談料や手数料を受け取った後、適切な手続きを進めず、依頼者の問題解決に対して何も行わない事務所のことを指します。

事務手数料だけを取られてしまい、過払い金請求の案件が宙に浮いた状態になるので依頼者はいつまで経っても過払い金を取り戻すことができず、手数料だけ取られてしまうというのが大きな問題です。

これらの事務所に依頼してしまうと、時間とお金を無駄にするだけでなく、精神的なストレスも大きくなります。そのため、過払い金請求を行うときは、コミュニケーションがきちんと取れることや、手続きの進捗をどのように行うのかといった確認をして悪徳事務所を選ばない努力が必要です。

できれば過払い金請求は事務手数料がかからない後払い式がおすすめ

過払い金を着服する事務所

過払い金請求をして取り戻した金額をきちんと返還せず、着服する事務所も存在します。このような事務所は成功報酬が不透明であったり、過払い金を調べる前に調査費用を請求していくることがあります。

また、着服されたことが判明した後は既に高飛びされて取り戻すことができないというケースもあります。

このようなことをする事務所は足が付きづらい小規模な事務所であったり、まともなホームページがないといった特徴があるのでできるだけ名の通った事務所を選ぶことが必要になります。

司法書士や弁護士が担当しない

悪徳事務所では、専門家ではないスタッフが適切な知識や経験を持たずに過払い金請求の手続きを行うケースがあるようです。その結果、消費者が適切な金額を取り戻せなかったり、手続きが適切に行われずに失敗に終わるといったことがあります。

そのため、過払い金請求を行う際には、弁護士や司法書士が担当する信頼できる事務所を選ぶことが大切です。また、事務所を選ぶ際には、過払い金請求の実績や費用、相談相手との相性などを確認することも重要です。

営業電話がしつこい

過払い金があるかの相談や請求についての相談をしただけなのに、毎日のように過払い金請求を早くしましょうという営業電話をかけてくる事務所がいます。

過払い金は借金をしていた人が関係することである以上、時間帯によっては電話をかけてほしくないというケースもあるので非常に迷惑な行為と言えます。

しつこい営業をかけてくる事務所は着信拒否をすることをおすすめします。また、すぐにわかる診断といって電話番号のみ入力させて情報を集める無料診断はしつこい営業電話がかかってくるリスクがあるので注意が必要です。

無料相談から強引に契約させられる

無料相談に行った時に過払い金があることはわかったけど、請求する手続きで気をつける点や費用、期間など詳しい説明もなしに過払い金請求の契約を結ぼうとする悪徳事務所が存在します。

契約を急かす事務所には以下の特徴があります。

  1. 「過払い金が戻ってくる」という言葉だけで契約を迫る。
  2. 過払い金請求の手続きにかかる費用や、その後の流れについて説明しないまま契約を進める。
  3. 消費者が過払い金請求の必要性や意義を理解していないのに契約をさせる。

上記に該当する行為は、消費者の権利を侵害するものであり、法律によって禁止されています。つまり、依頼者が手続きの流れや費用、かかる期間、依頼者が過払い金請求することで起きるリスクの説明などがあり、納得しない限りは契約を無理にしてはいけないのです。

今この記事を読んでいる人は相談する前に、メモ用紙に以下のことを書いてから相談してみると騙されたり、強引な契約を結ばずにすみます。

事前質問メモ
  • 過払い金があるかは何でわかるの?
  • 過払い金請求はどういう流れでするの?
  • 過払い金が手元に戻るまでどれくらいかかる?
  • 過払い金請求の費用は具体的にいくら?
  • 過払い金請求に追加費用はかかるの?
  • 過払い金請求にリスクやデメリットはないの?
  • 私が過払い金請求して起きるデメリットはある?

貸金業社と結託している

一部の事務所は、消費者の利益よりも自分たちの利益を優先するため、貸金業者と不適切な関係を持っているケースがあります。たとえば、過払い金請求の手続きで訴訟を避けて貸金業者との和解を優先するといったことが挙げられます。

過払い金請求で100%の過払い金と5%の利息を取り戻すには訴訟をする必要があります。訴訟による過払い金請求は時間こそかかりますが、高確率で100%の過払い金と5%の利息を取り戻せる可能性があります。

しかし、貸金業者と繋がっている事務所は訴訟をせず勝手に和解して終わらせてしまうということがあります。一度和解してしまえば後から再び過払い金請求ができなくなります。

このような事務所に依頼を避けるためにも、過払い金請求は訴訟をして取り戻す意思を示した時にきちんと誠意を持って対応をしてくれるのかを明言してくれる事務所を選ぶべきです。

騙されないために過払い金について知っておこう

過払い金の発生の仕組み(からくり)

過払い金とは、利息制限法で決まっている15%~20.0%よりも高い金利で借りていた人が請求できる「払いすぎていた利息(お金)」のことです。

過払い金の仕組み

100万円未満の借金でも、借り入れ当時の金利が18%以上なら過払い金が発生してます。100万円以上になると金利差が大きいのでかなりの金額の過払い金が戻ってくる可能性があります。

借入金額過払い金が発生する金利
10万円未満金利21%以上
10万円~100万円未満金利18.1%以上
100万円以上金利15.1%以上

たとえ少額の借金であっても金利さえ超えていれば過払い金は発生します。1度の借入が5万円程度だったといった少額な利用であっても発生するのが過払い金です。

さらにさらに、過払い金は貸金業者に対して5%の利息を付けて請求することができます。取引期間が長くなるほど利息が増えるので取り戻せる金額も多くなっていきます。

過払い金請求ができる人は?

  • 31歳以上の人
  • 2010年までに借り入れをした人
  • 借金をまだ完済していない人
  • 親が借金をしていた人(代理手続き)
  • 故人が借金をしていた(相続人)

過払い金請求ができるポイントは2010年より前に借り入れをしていた人になります。自信が借金をしていなくても家族が借金をしている場合は、借り入れ時期によっては過払い金が発生している可能性があるので診断や相談をして過払い金の有無を確認する価値はあります。

過払い金診断

過払い金請求から入金までの期間

自分で請求する場合事務所に依頼
取引履歴請求2ヶ月3ヶ月〜6ヶ月
過払い金計算1週間
過払い金請求の申請1週間
任意交渉の期間3ヶ月〜1年
裁判をした場合の期間+6ヶ月〜
判決から入金までの期間2ヶ月〜3ヶ月

過払い金請求は自分でもすることができますが、書類作成のスキルや交渉スキルが必要になります。また、時間が倍以上かかる可能性が高いです。過払い金請求に強い事務所なら最短で3ヶ月程度で取り戻すこともできます。

過払い金請求のデメリットやリスク

過払い金請求をするリスクやデメリットは現状の借金の有無に関係します。

借金が残っている人は過払い金請求をして借金を返済しきれない場合はブラックリストに載ってしまう可能性があります。(ただし、ブラックリストに載る条件に該当しなければデメリットもリスクもありません。)

また、請求先のサービスは解約になってしまい、社内ブラックといって再びサービスを利用できなくなる恐れがあります。

借金がない人はブラックリストに載るリスクはありませんが、請求先のサービスが停止したり解約になってしまうデメリットはあります。とはいえ、もう借り入れやキャッシングをしない人にとってはデメリットではありません。

過払金請求をする流れは?

STEP
無料診断

過払い金があるか調べる。

STEP
過払い金請求の依頼

過払い金を請求したいと思ったら相談した司法書士または弁護士に依頼をしましょう。

STEP
利息制限法に基づいて引き直し計算をする

取引履歴や契約書を確認して現在の利息制限法とどれだけ差があるか計算しなおします。

STEP
過払い金の返還請求

引き直し計算をもとに貸金業社やクレジットカード会社に対して返還請求をおこないます。返還請求をするのは依頼した司法書士または弁護士になります。

STEP
貸金業者との返還交渉

依頼を受けた司法書士や弁護士が返還交渉をおこないます。

STEP
合意書の取り交わしと過払い金の支払い

交渉が終わり合意書を取り交わした後に貸金業社やクレジットカード会社から過払い金の支払いがおこなわれます。

借りている金額や返済額を忘れても問題なし

借りていた金額や返済額を忘れていても借りていた業者さえ覚えていれば取引履歴の開示請求をして過払金が発生しているかを調べることができます。業者によっては全ての取引履歴を開示せず、途中からの取引履歴しか開示しないところもあります。

そのような状況になったときは、ゼロ計算といって途中からでも過払い金が十分に戻ってくるように数字の見直しをすることができます。

借りていた業者も忘れてしまったら

借りていた業者を忘れてしまったから過払い金請求ができないのでは・・・と諦める必要はありません。貸金業者から取引履歴の開示請求ができなくても、信用情報機関といってクレジットカードの取引履歴やお金の貸し借りの履歴を保管した外部機関に問い合わせれば過払い金があるかないかを調べることができます。

借りた額は司法書士に伝える必要はない

借りていたお金の金額は言いづらい方もいるでしょう。全ての情報を伝えることですぐに過払い金がどれくらいあるのかを把握することができますが、司法書士に相談した時点で取引履歴などを見ることになるので口頭で伝えなくても過払い金がどれくらいあるのか把握することができます。

過払い金請求のランキングや口コミ・評判は信用できるのか

他社の悪口ばかりで構成されたランキングは自演かも

ランキングページを自作自演で作成する法律事務所も存在します。

そういった事務所は自分のところにお客さんを呼び込みたいので、他社の悪口を一所懸命に書いていることが多いです。中には自分の事務所名がランキングに入っていないからヤラセだ!とか横暴な書き方をしているところもあります。

本当に実績があり、評判のある事務所ほど他社のことは気にしませんし、困った人が安心して相談できる環境を用意することに注力している会社がほとんどなので他社の悪口記事を書いている余裕もありません。そもそも、他社の悪口を書いて自分を上げようとする事務所にあなたは安心してご依頼できますか?

過払い金請求の広告が多いのはなぜ?

過払い金請求の広告が多いのはなぜ?怪しいのでは?と思う方もいるかもしれません。法律事務所が広告を打つのにはきちんと理由があります。それは過払い金請求ができる期間が10年しかないということです。

10年もあるんだから余裕があると思う方もいるかもしれませんが、最後の取引から10年なので、人によっては来月時効を迎えてしまう方もいます。各消費者金融の決算報告書では、毎年過払い金の払い戻し額減っています。それは過払い金を請求できなかった人が増えているということを意味しています。

正当な権利を行使できず、損して終わってしまうということを自分のことに置き換えたらすごく嫌ですよね。過払い金請求に長けている法律事務所は一人でも多く過払い金の存在を知ってもらい、取り戻せるように広告を打っています。確かに法律事務所は成功報酬が得られるという側面もありますが、過払い金を取り戻して人生が豊かになる人が増えているのも事実です。

広告を打っているということは、依頼者からすれば悪ではないので、悪評を流している事務所の情報に踊らされないように気をつけましょう。

検索上位のサイトほどGoogleによる評価もあり信頼できる

このサイトで紹介している事務所は検索結果でも上位表示されるサイトが多く揃っています。そのため、過払い金請求で強い事務所の中では名が通っているところばかりです。

また、現在GoogleではYMYL(ユアマネーユアライフ)といって個人の資産や健康に影響を与えるコンテンツの評価を厳しく行なっています。嘘の情報や間違った情報を発信しているサイトはそもそも検索結果の上位に表示されることもないのです。

したがって、当然ながら当サイトでも嘘の情報を発信するわけにはいかないので、本当におすすめできる事務所しか紹介していません。あなたが検索してこの記事にたどり着いたということは、検索で上位に位置していた、つまり、「Googleの評価がきちんとされている、安心できる情報である」という後ろ盾があるということなので安心していただければと思います。

大阪府の過払い金請求に悩む人によくある質問

過払い金はどうやって調べるの?

過払い金を調べるには借りたことがある消費者金融やクレジットカード会社に取引履歴を請求する必要があります。取引履歴を確認して利息がどれくらいだったのか、現在の利息制限法と比べてどれくらい離れているかをふまえて計算して算出します。過払い金の調査は弁護士や認定司法書士に依頼した方が正確な数値が出て損をしません。

過払い金請求の相談はどこがいい?

過払い金について相談をする時は、過払い金請求を専門に取り扱ってい弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。専門的に取り扱っていない弁護士や司法書士にお願いすると本来取り戻せるはずの過払い金が満額で取り返せなかったり、報酬金を多く取れてしまったりデメリットやリスクが潜んでいます。評判と実績のある法律事務所についてはこちらを参照してください。

過払い金の報酬金額はいくら?

弁護士や司法書士に依頼した時の料金のほとんどは成功報酬型です。成功報酬の上限は連合会によって上限が定められています。話し合いだけで過払い金を返還できたときは、戻ってきた過払い金の20%を報酬とし、裁判をおこなって過払い金の返還ができたときは、戻ってきた過払い金の25%を報酬とします。

目次
31歳以上は過払い金請求ができる対象年齢です
過払い金無料診断はコチラ
31歳以上は過払い金請求ができる対象年齢です
過払い金無料診断はコチラ